アクアニュース

ウィルスとコンタクトレンズ着用について

現在、コンタクトレンズの着用を続けても問題はありません。

コンタクトレンズ着用者がメガネと比べ新型コロナウィルスにかかるリスクが高いという科学的証拠もありません。
着用にあたってはいつも通りの良好な衛生習慣があれば充分です。 徹底した手洗いと乾燥、そしてコンタクトレンズの適切な装着とケア、コンタクトレンズケースの衛生状態の確保、および石鹸と水によるメガネ/眼鏡の定期的な洗浄が不可欠です。こうした習慣は、健康を維持し、診療所や病院と無縁でいるのに役立ちます。

また、通常のメガネはウィルスからの防護にはなりません。メガネを着用していれば新型コロナウィルスに対する防護になるといううわさを裏付ける科学的証拠はありません。

洗っていない手を顔に近づけないこと。コンタクトレンズ、メガネを着用しているか、視力矯正が全く不要であるかにかかわらず、世界保健機関(WHO)および米疾病対策センター(CDC)の勧告に従い、鼻、口、目を洗っていない手で触らないこと。
同時に体調が悪い時は、一時的にコンタクトレンズの着用をやめてください。コンタクトレンズ着用者は体調が不良の時は、一時的にメガネの着用に切り替えるべきです。体調を回復してから新しい未使用のコンタクトレンズの使用を再開しましょう。
2020/04/15   アクアビジョン